未経験から事務職になりたい方にとっては、本当に経験がないままチャレンジできるかどうかは気になるポイントです。
これからはじめての事務求人を探す方にとって大切なのは、事務職の仕事が自分に向いているかどうかという自己分析と、やりがいを持って仕事に取り組むことができる熱意です。
事務職に必要な能力や求められるスキルなどについて知っておきましょう。

事務職の未経験OKは本当?

まず、未経験と一言でいっても、一体どこまでのレベルなのかというのは人それぞれ違うということを理解しましょう。
たとえば、あなたがパソコンも触ったことがない、事務仕事も全くわからないとします。

しかし、企業が求めているのがある程度パソコンスキルは持っていても事務の仕事ははじめてという人材であれば、お互いの需要はマッチせず、転職は上手くいきません。
未経験で事務の転職を成功させるには、自分がどんなスキルを持っているか、どのような点が自分に向いているかをしっかり把握するのが大切です。

その上で、企業が求めている人材のレベルをしっかりと分析して、自分に合った求人を見つけましょう。
全く専門的なスキルがいらない事務の仕事は、それだけ倍率も高いです。
少しでも自分がアピールできるポイントを探して、一歩リードできるようにしましょう。

事務職にやりがいと意欲を持とう!

事務職は誰がやっても同じ、誰にでもできる仕事と考えている人は少なくありません。
しかし、そうした考えを持っていて転職が成功するほど甘くないのが事務職の現状です。
例えば、事務求人の探し方にも書かれているように、女性の転職先として事務職は大変人気が高いため、意欲ある人材でないとなかなか採用されません。
事務職は簡単なようで意外と奥が深い仕事です。

スムーズに仕事をこなせるようにスキルアップを目指したり、周囲とのコミュニケーション能力を磨いたり、やりがいはいくらでもあります。
事務の仕事に楽しみを見いだせれば、面接でも強いアピールポイントになるでしょう。

自分のスキルを証明できる資格があると有利

医療事務など、特殊なスキルが求められる場合を除き、事務の仕事は特に資格がなくても働くことは可能です。
しかし、業務の必須ツールであるパソコンスキルを証明するMOSや日商PCといった資格や、キャリアアップに役立つ簿記や秘書検定などを取得する人は非常に多いです。

事務経験がなくても、これらの資格があればスキルの証明になります。
全く経験がない状態から事務職を目指すのは大変ですが、熱意とスキルを証明する事で、転職の成功の近道になります。