女性の仕事の中でも、事務職の仕事は非常に人気が高い職種です。
しかし、事務職未経験の方にとっては。事務職といっても、何をしているか具体的なイメージがわかないという方もいるのではないでしょうか。
事務職といっても、実は様々な種類があります。
代表的な事務職の種類について、仕事内容と合わせてご紹介します。

一般事務は事務職の基本中の基本

事務職というと、だいたいが一般事務の事を指します。
企業の中で、事務業務を担当するのが一般事務です。
特別な資格は特に必要なく、書類作成や電話応対、データ収集などを行うのがメインの業務です。

部署によっては、来客応対なども行う場合があります。
会社の規模によっては経理や庶務を担当することもあり、一般事務の仕事は、会社によって大きく異なります。

コミュニケーション能力が問われる営業事務

営業事務の仕事内容は、一般事務の仕事内容に似ていますが、営業のサポートが中心です。
顧客からの電話対応や、営業担当者とのやり取りなど、コミュニケーション能力が必要です。

また、商品管理や在庫管理など、より専門的な業務も多いです。
請求書の作成など、経理に近い業務を行うケースもあるので、簿記の資格があると役立ちます。
一般事務と比べて、顧客など、人と関わることが多いのが特徴です。

経理の知識も求められる経理事務

企業内の経理部門に携わる事務職が経理事務です。
主に、経理や会計、財務を担当します。
一般事務に比べて、帳簿作成や会計業務など、お金や数字にまつわる仕事に深く携わります。
簿記の資格を持っている方も多く、一般事務からのキャリアアップ先としても人気の業務です。

女性人気が特に高い医療事務

医療事務とは、病院やクリニックなどに勤務する事務職の事です。
医療事務の仕事は、一般事務とは違い資格取得が必要です。
主に受付窓口業務と、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書の作成の仕事を行います。

医療事務の仕事は、待遇も良く、資格を持っていれば一生ものなので、女性の転職先で非常に人気があります。
資格取得も半年程度で可能なため、最初から医療事務を目指して資格取得に励んでいる方も多いです。

医療事務は、医療費の計算などの専門知識を求められるほか、受付窓口業務で患者さんと接したり、病院内での医師や看護師とのやり取りも必要になってきます。
そのため、数ある事務職の種類中でも、特に専門的に特化された仕事内容と言えるでしょう。